2020年最新【HIDE.me評判レビュー】メリットとデメリットを徹底調査!

HIDE.me VPNレビュー

中国でも使えるVPNとしてたびたび紹介されるHIDE.me。

導入をお考えの方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

 

・HIDE.meの基本情報

・HIDE.meのメリットデメリット

・HIDE.meはどんな人におすすめか

を紹介しています。

 

中国でどのVPNにしようか迷っている方

HIDE.meを契約しようかどうか迷っている方

の参考になればと思います。

HIDE.me基本スペック

 

①プラン・価格 2年プラン 129.95ドル(4.99ドル/月)

1年プラン 99.95ドル(8.32ドル/月)

1か月プラン 12.95ドル

フリープラン 無料 1ヵ月2GB → 10GB(2020年4月変更)

②ShadowSocks 非対応
③対応OS Windows・Mac・iOS・Android・Chrome・Firefox

Amazonfirebox・ルーター・Linux

④同時接続台数 10台(フリープランは1台)
⑤無料お試し期間 30日間(返金保証)
⑥使いやすさ Windows、Mac、iOS、Androidなど

各デバイスに専用のアプリがあってとても使いやすい。

ホームページ、アプリ、メールサポートは日本語対応

「ナレッジベース(よくある質問)」は非対応

⑦サーバー設置国 日本、韓国、香港、アメリカを含む60ヶ国、60ヶ所以上

1560以上のサーバー数

⑧支払い方法 クレジットカード(Visa、Mastercard、Amex、Diners Club)

PayPal、SEPA、SOFORT、銀行振込、暗号通貨

⑨接続方式 IKEv2/IPsec、OpenVPN、SoftEther、SSTP
⑩安全性 ログ(アクセスデータ)を保持しない事を保証していて安心。

256ビットAES暗号化で軍事レベルのセキュリティ。

運営会社はeVenture Limited、本社はマレーシアにある

⑪サポート 知識ベース、とメールでサポートがある。
⑫中国からの申し込み 可能
⑬その他の特徴
「HIDE.me」の公式ホームページはこちらから

 

HIDE.me」のデメリット

まず「HIDE.me」を契約する前にチェックすべき注意点はこちら。

・サポートが一部日本語非対応

です。

詳しく見ていきましょう。

サポートの一部が日本語非対応

HIDE.meは公式サイト、アプリ、メールサポートが日本語対応でうれしいのですが、「ナレッジベース(よくある質問)」が日本語非対応です。

メールが日本語対応というだけでもすごいのですが、自分で調べられるナレッジベースも日本語に対応しているともっとよかったな~と思いました。

今後の対応に期待です。

 

HIDE.me」のメリット

HIDE.meには魅力的なメリットもありますので、ご紹介します。

・無料プランがある

・同時接続台数10台

・アプリ完備で使いやすい

・ノーログポリシー

・AES-256暗号化

です。

詳しく見ていきましょう。

 

無料プランがある

HIDE.meの魅力は何といっても、無料プランがあること。

これは無料のお試し期間ではなく、ずっと無料です。

 

条件は一ヶ月10GBの通信量制限。

そして同時接続台数も1台のみ

 

条件付きではありますが、無料でずっと使えるのは大きな魅力です。

会社、通信の安全性もきちんと保障されていますし、安心して使える無料のVPNです。

 

使い方もとっても簡単で、アプリストアから「HIDE.me」のアプリをダウンロードするだけ。

アカウントの申し込みなど、面倒なことは一切必要なしです。

とりあえず一度使ってみてください。

hide.me VPN

hide.me VPN

eVenture無料posted withアプリーチ

 

同時接続台数10台

HIDE.meは同時に接続できる台数が10台ととても多いです。

セカイVPN 3台

ExpressVPN 5台

かべネコVPN 4台

良之助VPN3台

とくらべるとその多さは一目瞭然ですよね。

 

10台も同時に使えるということは、家族や友人と一緒に申し込めば、割り勘できてさらにお得!

コスパがとっても高いVPNなのです。

 

アプリ完備で使いやすい

HIDE.meはmacOS、Windows、iOS、Androidで専用のアプリがあります。

これがとってもシンプルで使いやすい。

繋がるサーバーを自動で選択してくれますし、基本はオンオフの切り替えのみで使えます。

初めてVPNを使う、という方も安心してください。

 

ノーログポリシー

デメリットのところでも少し触れましたが、HIDE.meはノーログポリシーを記載しています。

詳細はこちら

当社は法的義務を回避するためにユーザーデータを一切記録せず、あなたのオンラインプライバシーを確保します。さらに、当社のVPNサーバーにもいかなるログファイルも保存しません。あなたのデータを監視やフィルタリングするのは当社のすべきことではありません。

引用:「ノーログVPN」

ノーログポリシーは安全なVPNの重要な条件でもありますので、この点は安心できるといえます。

AES-256暗号化

HIDE.meは「AES-256」という規格の暗号化を採用しています。

これは現時点では最も強い暗号化の規格とされていて、政府の機密事項を扱うのにもつかわれているもの。

通信が第三者から確実に守られているという安心感があります。

公共Wi-Fiなどセキュリティが気になる場所でも安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

HIDE.meの基本スペック、メリットとデメリットをご紹介しました。

まとめると

デメリット

・サポートが日本語非対応

メリット

・無料プランがある

・同時接続台数10台

・アプリ完備で使いやすい

・ノーログポリシー

・AES-256暗号化

でした!

こうやって調べてみると、HIDE.meはデメリットがとても少ないVPNだと感じました。

あとは接続が安定していれば文句なしですよね。

まずは無料のアプリから試してみてください。

有料プランを考えるのはそのあとでも遅くありません。

・iOS/androidユーザーはこちら↓

hide.me VPN

hide.me VPN

eVenture無料posted withアプリーチ

 

・それ以外のアプリはHIDE.me公式サイトからダウンロードできます。↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました