シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【緊急速報】

【中国VPN速報】12月4日

12月3,4日にかけて各VPNサービスのスピードテストを中国現地で行いました。興味のある方はこちらからどうぞ。

引き続き最新情報を更新していきます。

【厳選】中国でLINEを確実に使う4つの方法とは?

中国ではネットの規制が厳しく、日本で普段使っている様々なサービスが使えません。

LINEもその一つ。

中国に来てLINEが繋がらないと困っちゃいますよね。

そこでこの記事では中国でLINEを使う4つの方法をご紹介します。

旅行の前の準備に役立ててください。

方法1 香港の4GSIMカードを用意する

・シムフリースマホを持っている

・ホテル以外でも自由にネットを使いたい。

そんな方におすすめなのが香港のSIMカードを買うという方法です。

香港と中国国内対応のSIMカードは香港経由のネット接続になるため、普通に国外のサービスが利用可能です。

Amazonやヤフーで7日間使えるカードが1000円ちょっとで売っていますので、参考にしてください。

でもこのSIMカードを使うには、SIMフリースマホが必要です。ソフトバンクなどと契約しているスマホでは使えませんので注意してください。

SIMフリースマホでもバンドが対応しているかを確かめる必要があります。

最近何かと話題のファーウェイなどの中国・香港系のSIMフリースマホであればまず問題はないでしょう。

このSIMカードやSIMフリースマホに関してさらに詳しい情報はこちらの記事で説明していますので興味があったらご覧ください。

中国でline,facebook,twitter が使えるsimカードとスマホはこれ!」

中国国内でGoogleをはじめ、Twitter, LINE, InstagramなどのSNSが使えるおすすめのSIMカードはこちらです↓

おなじシリーズで、容量が多かったり、使える日数が長いものもありますので、必要に合わせて選んでください。

方法2 VPNを使う

・ホテルや公共の無料Wi-Fiでしかネットを使わない

・ネット環境はすでにある

という方におすすめなのが「VPNを使う」という方法です。

VPNというのはご存知の方も多いとは思いますが、中国にいながら外国のネットに直接つなぐことができるサービスです。それを使うことで中国のネット規制を突破することができます。

VPNには有料のものと無料のものがあります。

タダで使えるんならただの方がいい、と思われるかもしれませんがちょっと待ってください。

無料のVPNは全てではありませんが多少リスクがあります。

例えば「紛らわしい広告が表示される」「ウイルスに感染する危険」「ネット閲覧の情報を横流しされていたりする」などです。

詳しくはこの記事で紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

「危険な無料VPN大公開!押さえておくべき3つの特徴や収入源、危険性とは?」

そういった理由もあって、セキュリティー上の問題も対策がバッチリとられている有料のVPNがおすすめなんです。

でも数日の旅行のためにVPNをお金出して使うのはちょっとね

VPNなんて使ったことないしいきなりお金を出されても

なんて思う方も多いと思います。

そこでおすすめしたいのが、有料VPNの無料お試し期間です。

無料お試し期間とは何か。

有料のVPNのサービスはだいたいどこの会社も無料のお試し期間というものがあります。

とくに中国で使うとなると、本当にきちんと使えるかどうか試してからお金を払いたい、という方が多いからです。

そのお試し期間というのが結構長くて2か月間も無料で使えちゃうところもあるからびっくりです。

2か月もあれば多少長めの旅行でも十分ですよね。

その無料で使えるお試し期間を利用して有料級の安全で高速なVPNを使っちゃってください。

そしてこのサービスは中国国内からでも申し込み、ダウンロードが可能です。

おすすめは「セカイVPN」という日本の老舗VPNサービス。

無料お試し期間が2か月あります。

日系VPNサービスの中でも群を抜いた安定感で、ネットの速度もまあまあです。

また日本語サポートが受けられるので初めて使う方も安心ですよね。

使い方は、とても簡単です。

興味のあるかたはセカイVPNの公式ホームページで詳細をご覧ください。

方法3 VPN付きのレンタルWi-Fiを利用する。

・SIMフリーのスマホを持っていない。

・でも屋外でいつでもネットを使いたい。

そんな方におすすめなのが、レンタルWi-Fiのサービスです。

携帯型のWi-Fiを持ち歩くことでいつでもどこでもネットが使えます。

でもそれだけだと国外のサービスを使うことはできないので、それにVPNプランを付けることで解決できます。

「海外用のレンタルWi-Fi」と言えばとりあえずこの2つから選べば間違いありません。

<グローバルWi-Fi>

一つ目は「グローバルWi-Fi」。株式会社ビジョンが運営する、海外WiFiルーターのレンタルサービスです。



<イモトのWi-Fi>

こちらも業界大手の海外用モバイルデータ通信レンタル「イモトのWiFi」です。


ちなみにですが、「3泊4日の旅行」で「VPN付きプラン」の両社のレンタル料金を比較するとこんな感じになります。

・グローバルWi-Fi 合計金額:5206円
ネット速度:4G
ネット容量:250メガバイト
VPN/1日:400円くらい
受渡手数料:無料

・イモトのWi-Fi 合計金額:6956円
ネット速度:4G
ネット容量:500メガバイト
VPN/1日:300円
受渡手数料:500円

こう見るとグローバルWi-Fiの方が割安ですね。容量などの違いもあるので一概には言えませんが、使用環境に合ったものをお選びください。

↓「グローバルWi-Fi」の詳細はこちらから
海外専用グローバルWiFi

↓イモトのWi-Fiの詳細はこちらから
海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

レンタルWi-Fi+VPN

先ほどの値段比較をみてわかっていただけたと思いますが、VPNプランは普通のプランより少しお値段が高くなります。

1日3-400円なので、4日借りると1200円ですよね。

これ、中国の物価から考えると結構なお金です。

VPNプランでかかるお金を節約できる

さらに、ネット環境がさらに安定する方法があります。

それがレンタルWi-Fi+VPN(無料体験期間利用)です。

レンタルWi-FiのVPNプランは実際の評判を調べてみると、あまりいいものではありません。

中国特別回線というものを使っているのですが、ネットが繋がったり、つながらなかったりのようです。

そこで、

ネットが確実な普通の回線のWi-Fiをレンタル

そして使えることが確実な当サイトで紹介している「今繋がるVPN」でVPN接続する。

これがLINEを中国で使う一番確実な方法かと思われます。

レンタルWi-FiとVPNを別々に契約する必要があるのでちょっと手間はかかりますが、確実にLINEを使いたい、という方にはお勧めしています。

↓「グローバルWi-Fi」の詳細はこちらから
海外専用グローバルWiFi

↓イモトのWi-Fiの詳細はこちらから
海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

今繋がるVPNは?(当サイトのトップページで紹介しています)

トップページへ

方法4 代わりのアプリを準備する

もし前もって準備の時間に余裕があったら、lineやGoogleなど、中国では使えないサービスの代用アプリをダウンロードしておくのも一つの手です。

中国国内でも使える「SNSアプリ」「地図アプリ」「検索エンジン」

をいくつか紹介します。

SNSアプリ-LineやInstagramの代わり

例えば、lineなどの日本の家族や友達との連絡は「We chat(微信)」を使えます。

「スマホに日本でダウンロードしてアカウントを取得し、連絡先をしておく」

という手間がかかりますが、中国版のSNSを使うこともできます。

画像や動画の投稿機能もありますので、みんなに中国旅行の様子を見てもらうことも可能です。

WeChat

WeChat

WeChat無料posted withアプリーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中国でLINEを確実に使うための方法をご紹介しました。

内容をまとめると

・シムフリースマホを持っている方 「香港4GSIMカード」
ホテルや公共のWi-Fiしか使わない 「VPNの無料お試し期間」

セカイVPN (無料お試し期間2か月を試す)

・シムフリースマホを持ってないけど、常にネットを使いたい。「レンタルWi-Fi」「レンタルWi-Fi+VPN」

↓「グローバルWi-Fi」の詳細はこちらから
海外専用グローバルWiFi
↓イモトのWi-Fiの詳細はこちらから
海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

今繋がるVPNは?(当サイトのトップページで紹介しています)

トップページへ

準備の時間に余裕がある方 「代わりのアプリを使う」

WeChat

WeChat

WeChat無料posted withアプリーチ

でした!
中国旅行の準備にぜひ参考にしてください。

★12月4日最新接続スピードランキング★

第1位:【UCSS】

第2位:【かべネコVPN】

第3位:【12VPN】

第4位:【セカイVPN

第5位:【BlueSueface】

役立ったらポチっと応援お願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の最新情報はTwitterで配信しています。