中国でVPNが切れる4つの原因とその対処法とは?(iPhone/パソコン版)

【緊急速報】
※中国の大きな祝日「国慶節」の前後の期間はネットの規制が厳しい状態です。最新情報をご確認ください。

VPNが繋がったり切れたり

安定しない!

とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

YouTubeで動画を見ていたり、Huluで映画を見ているときに途中でブツブツ切れるのはストレス以外の何物でもありませんよね。

そこでこの記事では、VPNがブチブチ切れる現象の原因と対処ほうをご紹介します。

快適なネット生活の手助けにしてください。

VPNが切れる4つの原因とは?

1 VPNサーバーが不安定

2 接続方式(プロトコル)が適切ではない

3 セキュリティソフトが影響している

4 インターネットの接続が不安定

1 VPNサーバーが不安定

VPNを使うと、そのVPNが使用しているサーバー経由でインタネットに接続します。

ですからそのサーバーの速度が不安定だったり、一気にたくさんの人が使っていてアップアップ状態だったりすると接続が不安定になることがあります。

さらに中国ではネットの規制が厳しく、VPNサーバーも見つかれば規制、見つかれば規制、を繰り返しています。

もし頻繁に切れる現象が起こっているなら、その接続しているVPNサーバーが規制されかけているかもしれません。

対処法

他のサーバーに切り替えて試してみましょう。

ポイントは、なるべく中国から近い「日本」や「韓国」「台湾」などのサーバーに切り替えることです。

物理的にサーバーが遠いとそれだけデータのやり取りで時間がかかるので、速度に影響するからです。

サーバーを切り替えていろいろ試してみると、安定しているサーバーが見つかるかもしれません。

2 接続方式(プロトコル)が適切ではない

一口にVPNを使うと言ってもその接続の方式はいくつもあります。

(接続方式というのは厳密にいうと違うのですがここではわかりやすくするためにそう言っています。)

OpenVPN、PPTP、L2TP/IPSec、IKEv2

といったものです。

なんとなく見たことありますよね。

この接続方式によって、中国でのネット規制に引っかかりにくいものと引っかかりやすいものとあります。

もしかしたら今お使いの接続方式が規制に引っかかっているのかもしれません。

対処法

VPNの接続方式を変えてみましょう。

専用アプリのあるVPNならば選択式で簡単に切り替えることができます。

先ほども言ったように接続方式には

OpenVPN、PPTP、L2TP/IPSec、IKEv2などいろいろあります。

一般的にはOpen VPNがネット規制に掛かりにくい優秀なプロトコルと言われています。

あと最近話題なのは「shadowsocks」というものです。

ネット検閲に発見されにくいカモフラージュ機能が付いたVPNのようなもので、ほとんど規制の対象になりません。

そんな風にしてVPNの接続方式を切り替えるとネットが安定することがあります。

3セキュリティソフトが影響している

とくにパソコンをお使いだと

セキュリティソフトやウイルス対策ソフトを導入している方は多いと思います。

それらのソフトは起動しなくても常にバックグランドで稼働していて、ネット接続ややり取りしているデータが安全かどうかを見張っています。

確かにパソコンの安全を守るために有効な手段ではあるのですが、それらのソフトがVPN接続に影響を与え、不安定にさせている場合があるんです。

対処法

セキュリティソフトやウイルス対策ソフトのマニュアルを確認しましょう。

VPNと一緒に使っているときの注意点や正しい設定の仕方が載っているかもしれません。

もし改善できない時はそれらのセキュリティソフトをいったん無効にして、VPNを接続しなおしましょう。

「VPN」というシステム自体がネットを安全に行うために作られていますので、接続の安全性はある程度保たれていると言えます。

4インターネットの接続が不安定

中国ではとくにそうなのですが、

そもそもネットの接続が不安定な時があります。

たくさんの人がネットを使う時間だったり、Wi-Fiルーターの問題もあります。

対処法

ネットの接続を快適にするためにいくつかの方法を試してみましょう。

1.ネットに接続しなおす

パソコンやスマホのWi-Fiをoffにしてまた入れなおすか、電源を落としてからもう一回つなげてみましょう。

そうすると接続が回復することがあります。

2.Wi-Fiルーターの電源を入れなおす

ルーターに問題がある事があります。

ルーターの電源プラグを抜いて、数秒後に入れなおしてみましょう。

そうすると接続が回復することがあります。

実際によくあります。

それでもだめなら?

いかがでしたか?

中国でVPNが切れる4つの原因とそれぞれの対処法についてご紹介しました。

上の点をまとめると

・原因

1 VPNサーバーが不安定

2 接続方式(プロトコル)が適切ではない

3 セキュリティソフトが影響している

4 インターネットの接続が不安定

・対処法

1サーバーを切り替える

2接続方式を切り替える

3セキュリティソフトを「無効」にする

4Wi-Fiに接続しなおす、ルーターの電源を入れなおす。

どれも簡単にできることですので、ぜひやってみてください。

これだけやってもやっぱりVPNがよく切れる、安定しない時は最後の手段です。

「それはVPNを別のものに変える」

です。

セカイVPNやExpressVPNなど、大手のVPNでもよく規制がかかって使えなくなることがあります。

今お使いのVPNサービスにも、ネット規制の影響があるのかもしれません。

いま実際に快適に使えているVPNを選び、試してみるのがおすすめです。

当サイト「VPN LABO」は中国でも使えるVPNの最新情報をお届けしております。

最新の接続情報を知りたい方は、トップページでご覧ください。

快適なネット生活のお役に立てていただけたらと思います。

役立ったらポチっと応援お願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする