ExpressVPN、セカイVPNも繋がらない!中国で困った時見つけた新しい方法とは?

VPNまとめ

 

中国でネットを使うにあたってVPNは必須になってきました。

最近では

GoogleメールなどのGoogle系のサービスが使えないのはもちろんのこと、

インスタグラムやTwitter、ユーチューブ、

ヤフーの検索機能まで使えない始末。

 

結構キてます。

いろいろ検索すると

「セカイVPN」や「ExpressVPN」をおすすめしているサイトがとても多いので

それを信じて契約した方は多いと思います。

 

でも実際使ってみると

速度が遅い、使えない

とお困りではないでしょうか?

 

実は中国での使用に関して「セカイVPN」や「ExpressVPN」は

速度が遅い、接続が不安定

なこともよくあるんです。

 

この記事ではそんな方におすすめの新しい方法をご紹介します。

それは

最新技術を提供しているVPNサービス

です。

 

詳しく説明していきます。

いま注目のVPN最新技術

中国でのVPN規制はますます厳しくなっています。

でも中国からGoogleのサービスを利用したり

海外の情報にアクセスしたい人はたくさんいるのが現状。

 

そこで規制にあっているVPNにかわる

新しい技術を使った接続方式がいま注目されています。

 

最近特に話題になっているのは

「shadowsocks」「V2ray」「Trojan-GFW」

の3つです。

 

「shadowsocks」とは、

VPNよりもネットの検閲に見つかりにくい「ステルス機能」や「カモフラージュ機能」と呼ばれる技術を使っていて、

中国でVPNが規制されても普通に使える、というものです。

 

「V2ray」や「Trojan-GFW」

も同じように、中国のネット規制にかかりにくい技術を使っています。

(ここでは技術的なややこしい説明は避けます。)

 

これらの接続方式を提供しているVPNを紹介します。

新しい接続方式を提供するおすすめVPN

現在これらの接続方式を提供している主なVPNはこちら

・shadowsocks「UCSS」「12VPN」

・V2ray「月餅VPN」

・Trojan-GFW「かべネコVPN」

 

「中国でVPNが突然つながらなくなった!どうしよう!」

とお困りの方はぜひこれらのVPNサービスを試してみてください。

あなたの救世主になってくれるかもしれません。

 

・2020年4月最新情報

現在接続が特に安定しているのは

「UCSS」「12VPN」「かべネコVPN」

です。

 

各VPNの詳細はトップページで比較・説明していますのでご覧ください。

「VPNLABOトップページへ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました