無料VPNの「Windscribe」を中国で速度テストしてみた(4Gsim版)

無料VPN 速度テスト

【2022年1月4日更新】

1ヵ月10GBまで無料で使える!という太っ腹な「Windscribe

ホームページは日本語にも対応していて安心です。

中国旅行や出張、留学をされている方も導入をお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

しかしどんなに安くても、使えないと意味がない!

 

ということで

中国国内でWindscribeが実際に使えるか速度テストをしてみましたので、

結果をお伝えします。

 

この記事では最新のスピードテストの結果を随時更新していきます。

速度テストの環境と見方

・計測地:中国国内

・計測日:2022年1月4日

・ネット環境:中国联通(チャイナユニコム)4Gsim

・スマホ:iphone SE

(現時点ではandroid端末でのテストは実施しておりませんが、WindscribeはAndroidにも対応していますので、iPhoneのテスト結果を参考にしてください。)

テストに用いたソフトはspeedtest.netです。

Windscribe  iPad/iPhone版アプリ

iPhoneでの「Windscribe」の速度テスト結果を見てみましょう。

VPNなしのネット環境は良好です。

1月4日:✖接続不可

・香港サーバー(ベストロケーション) 接続不可

・US Centralサーバー 接続不可

・カナダサーバー 接続不可

 

windscribeのテスト結果をご紹介しました。

今月はどのサーバーにも接続できず、残念です。

数か月前は使えていたので、希望をもって対応を待ちたいと思います。

 

今回Windscribeはダメでしたが、

中国で使える無料VPNがほかにあるのか、気になりますよね?

 

こちらの記事で、無料VPNの接続テストをまとめていますのでご覧ください。

中国での快適なネット生活のお役に立てていただければ幸いです。

おまけ:速度テストの見方

速度テストの表記の意味がよくわからない、という方のために簡単にご説明します。

速度テスト結果はこんな風に表示されます。

・shadowsocks 日本TOKYO6(ネット閲覧:快適 YouTube:720P快適)

ネットの速さはここに表示されている「PING」と「DOWNLOAD」と「UPLOAD」の値で判断します。

「PING」の値は低ければ低いほど良く、「DOWNLOAD」と「UPLOAD」の値は大きければ大きいほどネットが早いことを意味します。

大体の目安としては「「PING」約200ms以下 「DOWNLOAD」「UPLOAD」ともに3Mbps以上」あれば、ネット閲覧、YouTubeなどの動画閲覧も比較的快適です。

 

上の結果を見るとPING値もDOWNLOADの値も良いので快適な環境だと言えますね。

でも実際には、このテスト結果の数字はあくまでも目安にしかならないので、実際に使ったときの感想をサーバー名の横の()の中に簡単に書いておきました。

 

(ネット閲覧:快適 YouTube:720P快適)ってやつです。

これはYahoo!を含むネット閲覧とYouTubeのどの解像度の動画が快適に見れたかを示しています。

720P はHD動画ですので、これが快適に見れるというのはだいぶ早いサーバーということになります。

もし「PING」「ms」「Mbps」ってなに?と思われた方は、こちらの記事でさらに詳しく説明していますのでご覧ください。

【保存版】VPN速度テストの見方!PING・ms・Mbpsって何?

コメント

タイトルとURLをコピーしました